性行為してる姿を録画カメラでハメ撮り

皆さんは、セックスする時にどのようなプレイをして楽しんでいますか?この質問に対しては、ノーマルの人もいれば、ちょっと刺激的なアブノーマルなプレイをしてると声が聞こえてきます。

このホームページでは、プレイの1つであるハメ取りについて御紹介していきたいと思います。この言葉を聞いた瞬間に、興奮したとかワクワクする。そんな感情を持った方は、ハメ取り癖があるかもしれません。

是非、楽しみながらハメ取りについて学んでいきましょう。

簡単にハメ取りを説明すると、性行為してる姿を録画カメラで撮影する!と言うことです。撮影するカメラなら何でもいいです。

例えば、携帯のカメラやハンデーカムビデオ。取った物を再度見れるものであれば、カメラは何でもいいんです。

撮影しながらセックス状況を録画する。それがハメ取りなんです。相手または自分を取り、エッチする姿を撮影する。恥ずかしいと言う人もいますが、その行為が興奮すると言う人もいます。

特に男性は好きな方じゃないかと思います。ネットでも見れるハメ取り動画はほとんど男性が撮影してますし、取られてる女性の方は、従うだけのような気がしてます。

いろいろなハメ取り動画を見ても、女性が撮影してる動画は見当たりません。しかし、嫌がっている訳でもないようです。恥ずかしそうに撮られてるにも見えるけど、興奮してる様子も見受けられます。

それがハメ取りの醍醐味だと自分は思っており、レンズ越しに相手を見るとすごく興奮します。相手も色々な人達に見られてると言う気持ちにもなっている。

その感情が興奮に変わり、気持ち良さが増していると思います。

ハメ取りの欠点は、プロのカメラマンでさえ撮影してる時は、映像がブレるという点です。プレイしてる映像を撮影するのはタダのAVです。1対1でプレイしてる行為を撮影するからハメ取りなんです。

だから編集されてないリアルな映像の場合、ピントの合わない映像だったり、動いてる感は分かるけど、肝心なところが撮影されてないなど、問題が多々起こります。

しかし、その映像もリアルさだと思いますし、それが無ければやらせと思い、がっかりしてしまう。難点があるからこそ、ハメ取りは最高なんです。

実際に映像を見るだけじゃなく、撮影してみるとよりハメ取りの深さに気付くと思います。しかし、受け入れてくれる相手がいるかが問題ですね。

AVの真似をすると嫌がる女性がほとんどだし、記録として残るかもしれない不安もある。交際歴が長いとか信頼が無ければ、ハメ取りは受け入れてもらえないかもしれない。

でもチャンスがあればその時にでも是非ハメ取り撮影をしてみて下さい。